英国の未来、首相離脱案の議会採決に懸かる=EU交渉官

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を巡りEU側の交渉を担うバルニエ首席交渉官は6日、メイ英首相との合意案が秩序ある離脱を実現する唯一の方法だとし、同案を巡る議会採決が英国の未来を決めると述べた。
バルニエ氏は「離脱条約がなれば、移行期間はなく、将来の関係について英国との間に必要な信頼の土台もない」と述べた。
英議会は11日にメイ首相の離脱合意案の採決を行うが、可決は難しい状況とみられている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年12月7日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。