イタリア政府、2019年予算法案で信任投票呼び掛け

[ローマ 6日 ロイター] - イタリア政府は6日、議会下院で2019年予算法案を巡って、信任投票を行うよう呼び掛けた。
フラッカーロ議会関係相が公表した。投票は7日に行われる公算が大きいが、正式には未定だ。
政権が敗れれば退陣に追い込まれるが、連立与党が多数派を構成しており、その公算は小さい。
同予算案は、欧州委員会が欧州連合(EU)の公的財政ルールに違反すると指摘。投票後も予算案は修正可能だが、国内法によると最終案は年末までに両院が承認する必要がある。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年12月7日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。