FCA、米デトロイトの遊休工場再開しジープ製造へ=関係筋

[6日 ロイター] - 自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>は、現在操業を休止している米ミシガン州デトロイトの工場を再開し、2020年にスポーツ用多目的車(SUV)「ジープ・グランドチェロキー」を製造する計画だ。4人の関係筋がロイターに明らかにした。
FCAは2012年以降遊休状態となっているデトロイトの「マック・アベニュー・エンジンII」工場を組み立てラインとして再開し、3列シートモデルを含む新モデルを製造するという。
FCAはコメントを控えた。
同社は現在、デトロイトのジェファーソン・ノース工場で、現行モデルの2列シートのグランドチェロキーをフル稼働で製造しており、生産能力を拡大する必要がある。
同社の計画について先に報じたデトロイト・ニュースによると、この計画で100─400人の雇用がデトロイトで創出される見込み。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年12月7日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。