仏、エッフェル塔や美術館を週末に閉鎖 抗議デモに備え

仏、エッフェル塔や美術館を週末に閉鎖 抗議デモに備え
[パリ 6日 ロイター] - フランスで燃料引き上げなどへの抗議デモが今週末8日に予定されていること受け、当局は抗議運動が再び暴徒化することを阻止するため、治安要員を数千人増やして配置する。また、エッフェル塔やルーブル美術館などの観光地も一時閉鎖する計画。
黄色いベストを着て抗議する「黄色いベスト」運動は、4週連続で今週末もデモを行う構えで、ソーシャルメディアで参加を呼び掛けている。
フィリップ首相は先週末に国内各地で起きた暴力行為の再発を防ぐため、全国に8万9000人の治安要員を配置すると説明した。そのうち、約8000人をパリ市内に配置する。
パリ市当局は、市内の多数店舗やレストラン、ルーブルなどの美術館を8日に閉鎖するよう指示した。
フィリップ首相は上院で、低所得者を対象とした支援措置を前向きに検討すると表明。ルメール経済・財務相も家計を対象に一段の減税を行う用意があると説明し、特別賞与を非課税にするとの考えを示した。
首相は「われわれの競争力や企業に過度の打撃を与えることなく、最低賃金で働いている人々の給与を引き上げるため、全ての策を検討する用意がある」と説明した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年12月7日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。