米CNNのNY支局で爆弾騒ぎ、不審物は見つからず

[6日 ロイター] - 米CNNのニューヨーク支局に6日夜、爆弾が仕掛けられているとの不審電話があり、警察が従業員を1時間以上避難させる騒ぎとなった。CNNの放送スケジュールにも混乱が生じた。
警察当局はCNNのスタジオや事務所が入居するタイムワーナーセンターで不審物の捜索を行ったが、異常は見つからなかった。
CNNが不審電話を受けたのは午後10時過ぎで、同ビルに5つの爆弾が仕掛けられているという内容だった。CNNは事前に録画された番組に一時的に切り替えたが、その後、同ビルから避難したキャスターや社員のライブ映像を流した。
同支局には10月にも爆弾とみられる不審物が届き、キャスターら関係者が避難する騒ぎとなっている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2018年12月7日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。