ユーロ圏金利、インフレ率がECB目標に向かわない限り上昇せず=副総裁

[マドリード 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は18日、ユーロ圏のインフレ率がECBの目標に向かわない限り、域内の金利が上がることはないと述べた。
副総裁はマドリードで開かれたイベントで、経済リスクはダウンサイドに傾いたままだと付け加えた。
また、英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、金融市場参加者の間では「ハードブレグジット(強硬離脱)」が既定の路線とはみなされていないとの見解を示した。
副総裁は「無秩序な離脱になることが100%当たり前とはみなされていない」と指摘。ハードブレグジットとなれば、ボラティリティーが高まり、世界経済に負の影響をもたらすだろうと述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月18日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら