「スパイダーマンの糸」で容疑者拘束か 米警察が試験導入

記事まとめ

  • 「スパイダーマンのクモ糸」のような道具「ボララップ」が開発された。
  • アメリカの警察で試験導入されている。
  • スタンガンで死者が相次いだため、代替えになる可能性がある。

「スパイダーマンの糸」で容疑者を安全に拘束、米警察が試験導入

「スパイダーマンの糸」で容疑者を安全に拘束、米警察が試験導入
[18日 ロイター] - 警察官が安全に容疑者の身柄を拘束できるという「スパイダーマンのクモ糸」のような道具「ボララップ」が米国で開発され、警察で試験導入されている。
米国では、警察官が「テーザー銃」と呼ばれるスタンガンの一種を使用したことで死者が相次ぎ、社会問題化しているが、ボララップはテーザー銃の代わりとなる可能性があるとされている。
ボララップの最大射程は約7.6メートル。メーカーのラップ・テクノロジーズは、安全で、容疑者に苦痛を与えない道具だとしている。
同社のトム・スミス社長は「この糸には釣り針が付いている。糸が体に巻きつくと、針も巻き付くということだ。だから糸を外そうとすると、漁師が誤って釣り針を指に刺すように、針が体に刺さる仕組みだ」と説明した。
また「この製品は、電気を使って体に影響を与えたり、痛みで服従させることはない。離れた場所からでも使えるため、警察官に高度な武器を使わせることなく、容疑者の身柄を拘束することができる」と語った。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月19日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら