新SUV「CX―30」で顧客開拓、「マツダ3」は米で苦戦=社長

新SUV「CX―30」で顧客開拓、「マツダ3」は米で苦戦=社長
[東京 20日 ロイター] - マツダ<7261.T>は20日、新型スポーツ多目的車(SUV)「CXー30」の予約受注を日本で始めた。同社は全モデルを大幅改良する「新世代商品」を展開しており、小型セダン「マツダ3」に続く第2弾。人気が続くSUVの品ぞろえを拡充して間口を広げ、顧客開拓を図る。10月24日から順次発売する。欧州では9月に先行発売しており、米国での販売も予定している。
丸本明社長は20日、東京都内での発表会で、CX―30は「今後のマツダを支える柱の1つと位置づける、極めて重要な商品」と強調。「マツダブランドに接点がなかったお客様も含め、広く価値を体感していただきたい」と述べた。
CX―30の車のサイズは、同社の既存SUVの中で「CX―3」と「CX―5」の間の位置づけで、「どこにでも気軽に出かけられるサイズにした」(佐賀尚人開発主査)。立体駐車場でも使える車高に抑え、細い道、すれ違いの際にも運転しやすい車幅にした。
CX―3とCX―5との需要の「食い合い」も懸念されるが、丸本社長は「食い合うことよりも、新車を出すことによる成長の方がはるかに(期待が)大きい。その自信がある」と話した。
10月にはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの搭載モデルを発売。来年1月には独自燃焼方式を採用した低燃費ガソリンエンジン「スカイアクティブX」搭載モデルを投入する。価格はガソリン車が239万2500円から、ディーゼル車は288万7500円から、Xは329万4500円から。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月20日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら