米証券取引所、2020年は新規参入で競争激化へ

米証券取引所、2020年は新規参入で競争激化へ
[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国の証券取引所は来年、少なくとも3社が新規参入すると予想され、競争が激化しそうだ。新参の取引所は既存の取引所からビジネスを獲得しようとするため、取引コストが軽減される可能性がある一方、市場が複雑化する恐れもある。複数の取引所幹部が19日、証券業金融市場協会(SIFMA)の会合で語った。
米国には現在、13の証券取引所が存在。そのうち12の取引所はインターコンチネンタル取引所<ICE.N>傘下のNYSE、ナスダック<NDAQ.O>、CBOEグローバル・マーケッツ<CBOE.Z>によって運営されている。IEXグループが唯一の独立した取引所を運営している。
CBOEの市場部門を率いるブライアン・ハーキンズ氏は国内の証券取引所の数が「20余りとなる可能性がある」と述べた。
来年は大手金融機関が支援するメンバーズ取引所、オプション取引所を手掛けるマイアミ・インターナショナル・ホールディングスが運営する証券取引所、シリコンバレーを拠点とする新興企業であるロング・ターム証券取引所(LTSE)の3社が新規参入を計画している。
マイアミ・インターナショナル・ホールディングスのトーマス・ギャラハー最高経営責任者(CEO)は取引コストについて「現時点で最低の取引所よりも40%低い水準に設定する」と表明。新たな証券取引所の業務を来年の第2・四半期もしくは第3・四半期に開始すると付け加えた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年9月20日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら