アラスカ「一番太ったクマ」大会開催中 今年は12頭のグリズリーが出場、オンラインで投票を

記事まとめ

  • 米アラスカ州の国立公園で「一番太ったクマ」を選ぶコンテストが行われている。
  • Facebook掲載写真から、ユーザーが最も太っていると思うクマに投票する仕組み。
  • クマは10月末から11月初めにかけ、冬眠に入る前に体重を増やす必要があるという。

アラスカで恒例「一番太ったクマ」大会開催中、オンラインで投票

アラスカで恒例「一番太ったクマ」大会開催中、オンラインで投票
[アンカレジ(米アラスカ州) 7日 ロイター] - 米アラスカ州のカトマイ国立公園・保護区で、「一番太ったクマ」を選ぶ毎年恒例のコンテスト「ファット・ベア・ウィーク」が行われている。
今年のコンテストには12頭のグリズリー(ハイイログマ)が出場。それぞれのクマの写真がフェイスブックのページ( https://www.facebook.com/KatmaiNPP )に掲載され、ユーザーが最も太っていると思うクマに投票する仕組み。7日午前時点では「レフティー」「グレイザー」「ホリー」の3頭が残っている。勝者は8日に決まる。
カトマイに生息するグリズリーは、10月末から11月初めにかけて冬眠に入る前に体重を増やす必要がある。冬眠する頃には、雄の体重は1000ポンド(454キロ)、雌は600ポンド(272キロ)を超えることもある。公園レンジャーによると、クマは冬眠中に体重の約3分の1を失うことが多く、それだけ太る必要があるという。
「ファット・ベア・ウィーク」は現在1週間行われているが、2014年に始まった当初は1日のイベントだった。その後、公園のスタッフらが期間を延長して行うようになった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月8日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら