FRB、今後の政策の道筋巡り依然隔たり=9月議事要旨

FRB、今後の政策の道筋巡り依然隔たり=9月議事要旨
[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が9日公表した9月17─18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、大半のFOMCメンバーが9月利下げの必要性を支持したものの、先行きの金融政策の道筋については依然として意見が分かれていることが示された。
議事要旨では、最近の短期金利の乱高下を抑制するための方策が議論されたことも明らかになった。
FRBは9月のFOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.75─2.00%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを7対3で決定した。
議事要旨は「大半の参加者がFF金利の誘導目標を25bp引き下げることが適切であるとの見方だった」とした。
ただ、それ以外の議論は大方意見が分かれた。メンバーは中国をはじめ他国と通商政策で緊張感が高まっていることや、世界経済の減速、英国の欧州連合(EU)離脱などが及ぼすリスクへの不安が高まったとしたが、米経済への影響に関しては異なる見解を示した。
数人の当局者がリスクへの予防策として今利下げすることが賢明だとする一方、他の当局者は米経済見通しを踏まえると利下げは正当化できないと主張した。議事要旨によると、後者は「先行き不透明感の主な要因は近いうちに解決する可能性は低い。こうした先行き不透明感は米経済の拡大を阻む要因ではないため、現時点でさらなる金融緩和が必要とは思わない」との見解を示した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月10日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら