政府系ファンドの企業買収、第3四半期は246億ドルに増加

政府系ファンドの企業買収、第3四半期は246億ドルに増加
[ロンドン 8日 ロイター] - リフィニティブのデータによると、政府系ファンドによる第3・四半期の企業買収は、総額246億ドルと、前四半期の155億ドルから増加した。シンガポールの政府系ファンドGICやテマセク・ホールディングス、中国投資有限責任公司(CIC)による大型案件が全体を押し上げた。
第3・四半期に発表された案件で政府系ファンドが関与した案件の数は49件で、第2・四半期の46件から増加した。
第2・四半期の買収総額は155億ドルで、358億ドルを記録した2018年第2・四半期以来の高水準だった。
リフィニティブのデータによると、第3・四半期の案件で最も規模が大きかったのは、カナダの資産運用会社ブルックフィールド・アセット・マネジメント<BAMa.TO>とGICによる、米鉄道持ち株会社ジェネシー・アンド・ワイオミングの買収案件で、規模は負債も含めて約87億ドル。
政府系ファンド調査機関IE Center for the Governance of Changeのディレクター、ジャビエール・カペ氏は「こうしたビジネスは安定しており、リターンや利回りの先行きが不透明な状況下で安心をもたらす」と説明した。
GICは、米プライベートエクイティー(PE)のブラックストーンなどと共に、パイプラインなどのエネルギーインフラを手掛ける米トールグラス・エナジー<TGE.N>の買収にも参加している。
英国欧州連合(EU)離脱の先行きは依然不透明だが、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)はバビロン・ヘルスケア・サービシズに5億5000万ドル投資。アブダビ投資庁も英家電修理サービスなどを手掛けるドメスティック・アンド・ゼネラルへの30%出資で合意している。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月10日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら