世銀、19年のロシアGDP伸び率見通しを1%に下方修正

世銀、19年のロシアGDP伸び率見通しを1%に下方修正
[モスクワ 9日 ロイター] - 世界銀行は9日、2019年のロシアの国内総生産(GDP)伸び率見通しを、従来の1.2%から1.0%に引き下げた。18年は2.3%で、6年ぶりの高水準だった。
下方修正は今年4度目。ロシア中央銀行の見通しは先月0.8─1.3%に引き下げられており、世銀の見通しはこれに近づいた形だ。
世銀は20年の見通しについても、従来の1.8%から1.7%に下方修正した。
世銀は欧州と中央アジアに関するリポートで、「(ロシアの)景気減速は複数の要因に起因しており、経済制裁が続いている状況によって悪化している」と述べた。
その上で「成長が予想以上に鈍化した場合、貿易や金融でロシアと緊密な関係を維持している中欧や東欧、南部コーカサスに波及する恐れがある」と分析した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月10日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら