ファーストリテ、今期営業最高益へ 韓国事業の戦略変更は考えず

ファーストリテ、今期営業最高益へ 韓国事業の戦略変更は考えず
[東京 10日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は10日、2020年8月期の連結営業利益(国際会計基準、IFRS)が前年比6.7%増の2750億円を見込んでいると発表した。国内外のユニクロ事業が好調で、過去最高益を更新する。日韓関係の悪化により苦戦している韓国事業については、柳井正会長兼社長が、戦略の変更はないとの考えを示した。
リフィニティブがまとめたアナリスト14人による営業利益予想の平均値は2978億円で、会社計画はこれを下回った。
海外ユニクロ事業は、円高が業績を約5%押し下げ1桁の増収にとどまる。ただ、為替影響を除くと、増収ペースは14.5%伸びた前年と同水準だという。
海外ユニクロ事業の新規出店は168店、純増は141店を計画している。グレーターチャイナ(中国大陸・香港・台湾)では100店舗の出店、東南アジア・オセアニアも40店舗の出店を見込んでいる。
今月ニューデリーにインド1号店を出店、今秋には2店舗を計画している。柳井社長は「インドには13億人の人口があり、平均年齢は27歳と若く、飛躍的な成長が期待できる」と述べ、今後の拡大に期待を示した。また、12月上旬にはベトナムに1号店を出店する予定。
不買運動などの影響を受けた韓国事業は「7月から現在に至るまで、非常に厳しい状況」(岡崎健グループ上席執行役員CFO)で、今期は大幅な減収減益を余儀なくされる見通し。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ユニクロ ワンピース
ロイターの記事をもっと見る 2019年10月10日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら