米P&G 通年売上高予想を上方修正、第1四半期の好調受けて

記事まとめ

  • 米プロクター・アンド・ギャンブルは、通年の売上高と利益の見通しを上方修正した。
  • 第1四半期決算が好調だったことを受けて。
  • コア利益の伸びは5~10%、通年売上高の伸びのレンジ上限は5%とした。

米P&G、通年見通し上方修正 7─9月期好調

[22日 ロイター] - 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>は22日、第1・四半期(9月30日まで)決算が好調だったことを受け、通年の売上高と利益の見通しを上方修正した。
通年のコア利益の伸びの見通しは5─10%とし、従来の4─9%から引き上げたほか、通年売上高の伸びのレンジ上限は5%と従来の4%から上方修正した。レンジの下限は3%に据え置いた。
第1・四半期は、資産買収・売却や為替相場などの影響を除く本源的売上高(オーガニックセールス)が7%増加。化粧品ブランドの 「SK─II」や「オレイ」などを含む美容部門が10%伸びたことが押し上げ要因となった。歯磨き粉などを扱うヘルスケア部門は9%増。かみそりの「ジレット」を含むグルーミング部門の伸びは1%にとどまった。
総売上高は6.6%増の178億ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の174億2000万ドルを上回った。
同社帰属の純利益は35億9000万ドル(1株当たり1.36ドル)と、前年同期の32億ドル(同1.22ドル)から増加。一時項目を除く1株利益は1.37ドルと、予想の1.24ドルを上回った。
序盤の取引でP&G株は4.0%高の123.86ドルとなっている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月23日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら