原油先物は1%超上昇、中国が対米通商協議進展と指摘

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は上昇。中国が米中通商協議で進展があったと述べたことを受けた。ただ、米原油在庫の増加見通しが上値を抑えた。
清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.74ドル(1.3%)高の1バレル=59.70ドル。米WTI先物<CLc1>は0.85ドル(1.6%)高の54.16ドル。
中国外務省の楽玉成次官は22日、中国と米国は通商協議で一定の進展を果たしたとし、米中が互いに尊重し合えば解決できない問題はないと述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月23日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら