皇族減少は国家の基本に関わる、先延ばしできない課題と認識=官房長官

皇族減少は国家の基本に関わる、先延ばしできない課題と認識=官房長官
[東京 23日 ロイター] - 菅義偉官房長官は23日午前の会見で、前日の天皇陛下即位礼正殿の儀の関連して、皇位継承に関する議論について「安定的皇位継承を維持することは、国家の基本に関わる重要な問題だ」と発言した。
その上で「婚姻による皇族数の減少は、女性皇族の御年齢を踏まえても先延ばしすることはできない重要な課題と認識している」と述べ、「課題への対応には様々な意見があり、国民のコンセンサスを得るために分析、慎重な検討と手続きが必要だ」との見解を示した。
政府としては、即位に伴う一連の行事式典がつつがなく行われることに全力を尽くし、その上で「衆参両院の付帯決議を尊重し、対応していく」との考えを示した。
*カテゴリーを追加して再送します。


(中川泉 編集:田中志保)

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月23日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら