NY連銀、レポ取引通じた資金供給額引き上げ 翌日物1200億ドル

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)傘下のニューヨーク連銀は23日、翌日物のレポ取引(債券を担保に資金を供給するオペ)を通じた資金供給額を24日から1200億ドルに引き上げると発表した。
声明によると「非準備負債の急増時にも十分な準備金供給を維持し、金融政策の運営に悪影響を及ぼし得る短期金融市場の圧力上昇リスクを軽減する」ことを確保するための措置という。
またターム物のレポ取引を通じた資金供給額を24日から29日まで少なくとも450億ドルに引き上げると発表した。
午後の取引では、翌日物レポレートは1.83%と22日終盤の1.80%からやや上昇。9月中旬には10%を付けた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年10月24日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。