トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」

トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」
[アンカラ 8日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は8日、シリア北部の国境地域に外国軍が駐留する限り、トルコも撤退しないと表明した。またクルド人武装勢力が同地域から完全に撤退するまでトルコは武装勢力への攻撃を続けると強調した。
トルコのテレビ局NTVによると、エルドアン大統領はクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」が一人残らず撤退するまでトルコは攻撃を緩めないと発言。「他の国々が撤退するまでトルコも撤退するつもりはない」と明言した。
エルドアン氏は7日、米国はシリア国境地域からクルド人武装勢力を撤退させるという公約を果たしておらず、来週のトランプ大統領との会談でこの問題を取り上げると明らかにした。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月9日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。