米、EU自動車関税の判断を半年先送りの可能性=EU当局者

米、EU自動車関税の判断を半年先送りの可能性=EU当局者
[ワシントン 11日 ロイター] - 複数の欧州連合(EU)当局者によると、トランプ米大統領は今週、EUから輸入する自動車および自動車部品に関税を発動するかどうかの判断の先送りを発表する見通し。先送りの期間は、前回と同じ半年間である可能性が高いという。
あるEU当局者は11日、われわれへの関税は今週発動されないとの確かな情報がトランプ政権から入ったと語った。
米国は安全保障を理由に、輸入する自動車や部品に最大25%の関税を発動することを検討中。今年5月に発動の判断を半年間延期し、判断期限を11月14日とした。
ロス米商務長官は先週、安全保障を理由に検討している自動車関税について、日欧韓の自動車メーカーと「良好な会話」を持てたとして、今月の発動決定を先送りする可能性があることを明らかにしていた。[nL3N27K0G8]
米国が再度、判断を延期すれば、世界の自動車メーカーは胸をなでおろすことになりそうだ。
トランプ大統領は12日にニューヨーク経済クラブで行う経済・通商問題に関する講演で自動車関税を取り上げる可能性がある。ホワイトハウス報道官は、大統領は講演で自らの税政策と通商政策が米経済の力強い回復をいかに支えたかについて語ると述べるにとどめた。
EU当局者らは、関税判断の半年先送りが濃厚だとしつつも、トランプ大統領の行動は予見不可能であり。今後EUと通商協議を重ねる中で、自動車関税をちらつかせ続ける可能性が高いとみている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月12日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。