ウーバー創業者カラニック氏 同社株21%を売却

記事まとめ

  • ウーバー創業者トラビス・カラニック氏が同社株21%近くを売却した。
  • 売却が禁じられる「ロックアップ」期間が明けたため。
  • 売却したのは2000万株以上、約5億4700万ドル相当。

ウーバー創業者カラニック氏、ロックアップ解除で同社株21%売却

ウーバー創業者カラニック氏、ロックアップ解除で同社株21%売却
[11日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>の創業者で前最高経営責任者(CEO)のトラビス・カラニック氏が、保有していた同社株21%近くを売却した。売却が禁じられる「ロックアップ」期間が明けたためで、8日の規制当局への申請書類で明らかになった。
売却したのは2000万株以上、約5億4700万ドル相当。カラニック氏はなお約7540万株、8日の終値ベースで20億ドル超相当を保有している。
ウーバー株は、発行済み株式17億株の過半数についてロックアップが解除された6日に25.58ドルの過去最安値を付けた。株価は11日午前の時点で5月の上場時に比べ約41%下がっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。