米当局、マレーシアの航空安全性評価引き下げ 米国への増便できず

米当局、マレーシアの航空安全性評価引き下げ 米国への増便できず
[クアラルンプール 11日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は11日、マレーシアの航空安全性評価を「カテゴリー1」から「カテゴリー2」に引き下げた。これにより同国の航空会社は米国への増便ができなくなる。
FAAの安全性評価はマレーシアの航空監督体制に基づいており、同国の民間航空当局への評価になる。
現在マレーシアの航空会社の米国路線は、格安航空会社(LCC)エアアジアが運航しているクアラルンプール―ホノルル便(大阪経由)のみ。
FAAは格下げについて、マレーシア民間航空局(CAAM)が「技術面の専門知識、訓練された人材、記録管理、点検プロセスなど」一つ以上の分野で不十分だと説明した。
「カテゴリー2」ではマレーシアからの航空便の米空港での点検項目が増えるほか、マレーシアの航空会社と米航空会社とのコードシェア(共同運航)が認められない。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月12日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。