トランプ氏弾劾調査で初の公開証言、「ウクライナより政敵調査を重視」

トランプ氏弾劾調査で初の公開証言、「ウクライナより政敵調査を重視」
[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾調査で、下院委員会は13日、初の公聴会を開催した。証人として出席したウィリアム・テーラー駐ウクライナ代理大使は、トランプ氏が軍事支援の見返りに政敵バイデン前副大統領を調査するようウクライナに迫ったとの認識をあらためて示し、トランプ氏がウクライナよりも調査を気にかけていたと明言した。
この日はテーラー代理大使のほか、ジョージ・ケント国務次官補代理が証言を行った。マリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使は15日に証言する。3高官は非公開証言で、トランプ大統領がバイデン氏を調査するようウクライナに要請するやりとりに懸念を表明していた。
テーラー、ケント両氏はウクライナに圧力をかけるために軍事支援やトランプ大統領との首脳会談が保留されていたことを問題視する姿勢を示した。
また、テーラー氏の証言では大使館職員が聞いたとされるトランプ大統領とソンドランド駐欧州連合(EU)大使による電話会議の内容が新たに明らかになった。
この電話会議はトランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領にバイデン氏の調査を依頼した電話会談の翌日に当たる7月26日に行われ、トランプ氏はウクライナに要請した調査について質問し、ソンドランド氏はウクライナには調査を進める用意があると応じたという。
テーラー氏によると、この職員がソンドランド氏にトランプ大統領のウクライナに対する考えを尋ねたところ、ソンドランド氏は「トランプ氏が気にしているのはバイデン氏に関する調査で、調査は(トランプ氏の顧問弁護士)ジュリアーニ氏が強く求めている」と回答した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月14日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。