マクロン氏のNATO脳死発言にトルコ大統領も失望=トランプ氏

マクロン氏のNATO脳死発言にトルコ大統領も失望=トランプ氏
[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、マクロン仏大統領がトランプ政権の予測不能な行動や内部の協力態勢の欠如を理由に北大西洋条約機構(NATO)は「脳死状態」にあるとの見解を表明したことについて、トルコをはじめ、多くの国際社会のメンバーが大変失望していると述べた。
「この発言は(トルコのエルドアン大統領を)大変不快にさせたと思う。彼はあまり嬉しくなかったと思うし、多くの人々が同じ気持ちでいる」と述べたが、ほかの誰が同じ気持ちだったかには言及しなかった。
トランプ大統領はホワイトハウスでエルドアン大統領と会談した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月14日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。