第3四半期の独GDP速報値、前期比+0.1% 景気後退回避

第3四半期の独GDP速報値、前期比+0.1% 景気後退回避
[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.1%増となり、景気後退(リセッション)を回避した。市場予想の0.1%減を上回った。
第3・四半期のGDPは前年同期比(季節調整後)では0.5%増。第2・四半期は0.3%増だった。
第3・四半期は、家計消費が前期比で増加。政府支出も拡大した。建設業も経済成長を支えた。
アルトマイヤー経済相は「景気後退には陥っていないが、経済成長率はまだ低すぎる」と指摘。ただ、米国との通商問題や英国の欧州連合(EU)離脱などに関連する「暗雲」はやや解消したとの見方を示した。
ショルツ財務相は、来年の独経済は勢いを取り戻すとの見方を表明。経済は減速しているが、危機に陥っているわけではないとし、「慎重ながらも楽観的な見方を持っている。来年の成長率は上向く」と述べた。
輸出は小幅に増加したが、輸入は前四半期とほぼ同水準。純輸出は経済成長に寄与したとみられる。
統計庁は第2・四半期のGDPを当初発表の前期比0.1%減から0.2%減に下方修正した。
しかし第1・四半期のGDPはこれまでの0.4%増から0.5%増に上方修正した。
ロイターのアナリスト調査によると、第3・四半期のGDPは前期比0.1%減、前年同期比(季節調整後)0.5%増と予想されていた。
デカバンクのアナリスト、アンドレアス・ショイエレ氏は第3・四半期GDP統計を受け、景気後退は回避できたかもしれないが、危機的状況が去ったと判断するには時期尚早だと指摘。「ドイツ経済は非常に大きな世界的な政治不安に直面している。主力産業である

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。