米S&Pが最高値更新、ウォルマートの好決算が支援

米S&Pが最高値更新、ウォルマートの好決算が支援
[14日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が小幅に上昇し、最高値を更新して取引を終えた。ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>のさえない業績見通しに圧迫された一方、小売大手ウォルマート<WMT.N>の好決算に支援された。
前日に最高値を更新していたダウ工業株30種<.DJI>は小幅安で終了。ナスダック総合<.IXIC>も小幅安で引けた。
シスコシステムズは7.3%急落。世界経済の先行き不透明感が一段と高まり、ルーターやスイッチなどネットワーク機器需要が低迷する中、第2・四半期の収益が予想に届かないとの見通しを示したことが嫌気された。[nL4N27U0AW]
シスコ株の下げは3指数の最大の重しとなったほか、S&P情報技術セクター<.SPLRCT>を圧迫。同セクターは0.1%下落した。
ウォルマートは、通期利益見通しを上方修正。第3・四半期(8─10月)の利益や米既存店売上高が予想を上回った。[nL4N27U4C2]
同社株は一時、過去最高値に上昇。終値は0.3%安だった。ただ、同社の決算を受け、S&Pの小売株指数<.SPXRT>と一般消費財株指数<.SPLRCD>は上昇した。
ユニオンバンクのシニア・ポートフォリオマネジャーは「米経済にとって重要な年末商戦期の前に消費者セクターが底堅さを見せ、健全なペースを維持している」と指摘。その上で、米中貿易摩擦や世界経済情勢が引き続き圧迫要因となっているようだとの見方を示した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。