野生の牛3頭、ハリケーンで約3キロ流され海岸に漂着 米南東部

野生の牛3頭、ハリケーンで約3キロ流され海岸に漂着 米南東部
[ルックアウト岬国立海岸(米ノースカロライナ州) 14日 ロイター] - 米南東部ノースカロライナ州の東端にある海岸に、9月にハリケーン「ドリアン」によって別の島から流されて漂着した牛3頭が生活している。
ルックアウト岬国立海岸のパークレンジャーが14日明らかにした内容によると、このうち1頭は9月6日にハリケーンが襲った直後に目撃され、その後2頭が加わった。3頭は陸地に近いシーダー島で生活していた野生の牛の群れに属していたが、3キロあまり流されて新たなすみかに到着したという。
レンジャーは牛について「水によって運ばれ、私たちの島にやってきた」と述べ、「泳ぐことはできるが得意ではない。他にどれくらいの牛が流されたのかは分からない」と語った。
牛には現在は海岸でのんびりと過ごしているが、飼い主がいないとみられ、当局は今後どのように扱うか検討中だという。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月15日のびっくり記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。