中国人民銀、7日物リバースレポの金利を引き下げ 約4年ぶり

中国人民銀、7日物リバースレポの金利を引き下げ 約4年ぶり
[上海 18日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は18日、7日物リバースレポの金利を2.55%から2.50%に引き下げたと発表した。
7日物リバースレポ金利の引き下げは2015年以降で初めてとなる。
景気を下支えする意向を市場に示した形。人民銀行は2週間前には1年物中期貸出ファシリティー(MLF)金利を5ベーシスポイント(bp)引き下げている。[nL3N27L0M7]
アナリストは、今回の予想外の金利引き下げについて、インフレの進行で人民銀行が景気を刺激できないとの市場の懸念を和らげる狙いがあると分析している。
コメルツ銀行のエコノミスト、Zhou Hao氏は、今後数カ月以内に政策変更があると予想。「当面は経済成長の下支えを優先するといった(政策の)微調整」があるとの見方を示した。
中国では、アフリカ豚コレラの影響で豚肉価格が急騰。10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は、政府目標の3%前後を上回り、約8年ぶりの高水準となった。[nL3N27Q02E]
香港のポートフォリオマネジャーは、人民銀行が引き続き慎重に金融緩和を続けると予想。人民銀行は16日、第3・四半期の金融政策報告を公表し、インフレの進行を防ぐため、穏健な金融政策を維持すると表明している。[nL5N27X028]
リバースレポ金利とMLF金利の引き下げを受けて、市場では人民銀行が今月20日にローンプライムレート(LPR)を引き下げると見方が強まっている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月18日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。