英家計指数、11月も悲観的見方変わらず 失業不安で

[ロンドン 18日 ロイター] - IHSマークイットが18日発表した11月の英家計指数は44.4で、1月以来の水準に回復したものの、家計について悲観的な見方がなお一般的であることが示された。失業不安が背景にあるとみられる。
業種別では小売りと製造業で失業不安が特に大きかった。ただ、雇用や所得の水準は上昇した。
IHSマークイットのエコノミスト、ジョー・ヘイズ氏は「英家計は引き続き雇用の安定について懸念しており、自動車や旅行のような高額支出が手控えられている」と指摘した。
調査によると、イングランド銀行(中央銀行)が「将来的に」利下げすると予想したのは全体の21%強で、10月の25.5%から低下した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月19日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。