香港裁判所の「覆面禁止法」違憲判断、中国が強い懸念表明

香港裁判所の「覆面禁止法」違憲判断、中国が強い懸念表明
[上海 19日 ロイター] - 中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は、香港の裁判所には「覆面禁止法」などの合憲性を判断する権限ないと表明した。新華社が19日伝えた。
香港の高等法院(高裁)は前日、デモ参加者がマスクなどで顔を隠すことを禁止する覆面禁止法に違憲判断を下していた。[nL4N27Y02P]
全人代常務委員会法制工作委員会の報道官は「香港特別行政区の法律が香港基本法に準拠しているかどうかは、全人代常務委員会のみが判断・決定できる」との声明を発表。「他の当局には判断・決定する権利がない」と述べた。
覆面基本法は、緊急時に行政長官に強大な権限を与える「緊急状況規則条例」(緊急条例)を発動し、施行した法律。反政府デモの参加者からは、民主主義を損なうとの批判の声が出ている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月19日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。