トランプ米大統領 16日は定期健診、健康状態の憶測巡り主治医が明かす

記事まとめ

  • トランプ米大統領の主治医が、トランプ氏が16日に受診したのは定期健診だと表明。
  • 予告なしに訪れたことから健康状態を巡る憶測が広がっていた。
  • 予定が確定していなかったため、予告なしの訪問になったという。

トランプ氏は16日に定期健診、緊急要する症状ない=主治医

トランプ氏は16日に定期健診、緊急要する症状ない=主治医
[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領の主治医は、トランプ氏が16日に受けたのは定期健診で、緊急を要する症状の治療ではないと明らかにした。
トランプ氏は16日、ワシントン郊外のウォルター・リード米軍医療センターを予告なしに訪れたことから健康状態を巡る憶測が広がっていた。[nL4N27X00S]
大統領専属医のショーン・コンリー氏は、ホワイトハウスが18日公表したメモで「一部の憶測とは異なり、大統領は胸痛を訴えておらず、緊急を要する症状に関する検査や治療も受けなかった」と指摘。「具体的には、特殊な心機能検査や神経学的検査を受けなかった」と説明した。
検診は年間を通じてトランプ氏が受けている定期的な一次予防的ケアの一環で、予定が確定していなかったため、予告なしの訪問になったという。
トランプ氏の総コレステロール値は165、善玉のHDLは70、悪玉のLDLは84、Non─HDLは95で、いずれも米国立心臓・肺・血液研究所によると健康な水準。
2月の検診時の総コレステロールは196だった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月20日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。