米ウィーワーク、世界で2400人削減へ ソフトバンクが再建主導

米ウィーワーク、世界で2400人削減へ ソフトバンクが再建主導
[ニューヨーク 21日 ロイター] - 共有オフィスを手掛ける米ウィーワークは21日、全世界で2400人規模の人員削減を行うと発表した。筆頭株主であるソフトバンクグループ<9984.T>による経営支援の下、大幅なコスト削減や事業安定化を目指す。
ウィーワークの広報担当者は声明で「従業員とも以前共有した通り、中核事業への再特化の一環として、一段と効率的な組織作りのため必要な人員削減を行う」とした上で、削減は数週間前から世界の一部地域で始まっており、今週から米国でも実施していると明らかにした。
同社の従業員数は関連会社を除き、6月30日時点で1万2500人。
関係筋によると、ウィーワークの創業者で9月に最高経営責任者(CEO)を辞任したアダム・ニューマン氏が私服を肥やすために私的金融取引を行ったかどうかを巡ってニューヨーク州のジェームズ司法長官が同社を調査している。
ウィーは10月、ソフトバンクによる支援策の受け入れに合意。支援は最大95億ドルで、ソフトバンクの出資比率は80%に高まる。
ロイターの記事をもっと見る 2019年11月22日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。