中国主席、米との「第1段階」通商合意とりまとめに意欲

中国主席、米との「第1段階」通商合意とりまとめに意欲
[北京 22日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は22日、同国は米国と「第1段階」の通商合意をまとめたい考えで、貿易戦争を起こさないよう取り組んでいるとした上で、必要であれば報復措置を講じることを恐れていない、と述べた。
「第1段階」の合意を巡っては、12月初めに両国首脳が署名するとの見通しが中国側から示されていたが、最近になって越年説が浮上している。
代表取材によると、習主席は国際フォーラムの代表者らに対し「相互尊重と平等の原則に基づき、米国と『第1段階』の通商合意をまとめたい」と述べた。
「必要なら反撃するが、貿易戦争を起こさないよう積極的に取り組んでいる。中国が貿易戦争を始めたのではなく、これはわれわれが望むものではない」と語った。
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は21日、関係筋情報として、中国政府が米政府に新たな対面通商協議を提案したと伝えた。中国側は、米感謝祭前の協議開催を期待しているという。米国の当局者らは協議に意欲を示しながらも、明確な日程などには言及していない。
バシェフスキー元米通商代表部(USTR)代表は、第1段階の合意と引き換えに一部の関税が緩和されるだろうとしたうえで、中国側にしてみれば、それ以外にはどんな合意もあり得ないとの見方を示した。
習主席は「常に言っている通り、われわれは貿易戦争を始めたいとは考えていないが、恐れてはいない」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年11月22日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。