独SPD、連立離脱回避へ党内調整進行か 政権崩壊に危機感

[ベルリン 3日 ロイター] - ドイツ連立政権の一翼を担う社会民主党(SPD)の党首選で連立懐疑派のワルターボーヤンス氏らが勝利する一方、政権側のショルツ財務相は敗れる事態となる中、SPDは6日から始まる党大会に向け、連立離脱を回避する方向で党内調整を進めていることが、複数の関係者の証言で明らかになった。連立政権が崩壊すれば政治危機を招きかねないとの危機感があるという。
ロイターが入手した党大会向け動議案によると、ブラック・ゼロ(財政の黒字化、もしくは収支均衡)など政府の大枠方針に反しない形で大規模な公共投資を求める方針だ。
ワルターボーヤンス氏は党機関紙で「本日、新時代への正しい道のりについて建設的な議論を行った。一つ明確なのは、連立政権からの急転直下の離脱は望んでいないということだ」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る 2019年12月4日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。