レバノンが国連に分担金支払い、投票権を完全回復

レバノンが国連に分担金支払い、投票権を完全回復
国連 13日 ロイター] - 国連のドゥジャリク報道官は13日、レバノンが未払いだった分担金を支払い、総会での投票権を完全に回復したと明らかにした。
国連の規則では、加盟国が分担金を2年分滞納した場合、支払い能力がないことを証明する合理的な根拠を示さない限り、総会における投票権を喪失する可能性がある。
ドゥジャリク報道官は10日、レバノンのほか、ベネズエラ、中央アフリカ、ガンビア、レソト、トンガ、およびイエメンが投票権を喪失したと発表していた。
レバノンが支払った金額や、未払い分の額は明らかにされていない。
レバノンは、1975─90年の内戦以来最悪の経済危機に見舞われている。昨年10月にはハリリ首相(当時)が辞任、政府機能が十分に働いていない。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。