ロッテ創業者の重光武雄氏が死去、晩年に実刑判決

ロッテ創業者の重光武雄氏が死去、晩年に実刑判決
[ソウル 19日 ロイター] - ロッテ・グループは、グループ創業者でロッテホールディングス名誉会長の重光武雄(本名・辛格浩)氏が19日に死去したと発表した。98歳。
重光氏は日本統治下の朝鮮半島から日本に渡り、1948年にチューインガムメーカーのロッテを設立。その後、韓国と日本を行き来し、韓国では小売業から化学に至る家族経営の有力財閥を築き上げた。2人の息子は2015年にグループ経営を巡る対立劇を引き起こした。現在は次男の昭夫氏が統括権を握る。
日本との深い結び付きから、日韓関係が悪化する局面では韓国で世論の批判を受けることもあり、製品ボイコットにつながったこともあった。
18年には、グループの不正経営に絡む事件で懲役3年の実刑判決を韓国で受けたが、健康上の理由で収監は見送られていた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。