ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り

ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り
[モスクワ 21日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は21日、ミシュスチン首相率いる新内閣の閣僚名簿を承認した。プーチン氏は15日の年次教書演説で「政治システムの大幅な改革」を表明。これを受けメドベージェフ前内閣は総辞職した。新内閣は経済相と第1副首相は新たな顔ぶれとなったが、他の主要閣僚の多くは横滑りした。
横滑りしたのはシルアノフ財務相、ノバク・エネルギー相、ドミトリー・パトルシェフ農業相、ショイグ国防相、ラブロフ外相。
新たな顔ぶれは第1副首相に任命されたアンドレイ・ベロウソフ氏(60)と、経済相に任命されたマクシム・レシェトニコフ氏(40)。ベロウソフ氏はプーチン大統領の経済アドバイザーを2013年から務めていた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。