スイス中銀、マイナス金利「可能になり次第速やかに」解除=メクラー理事

[ローザンヌ 22日 ロイター] - スイス国立銀行(SNB、中央銀行)のメクラー理事は22日、マイナス金利政策について、中銀は「可能になり次第速やかに」解除すると述べた。
スイス中銀に対しては、退職者の預金の目減りなどにつながるマイナス金利政策の引き揚げに向けた圧力が高まっているが、メクラー理事を始めとする中銀当局者は、スイスフラン相場の上昇の抑制にマイナス金利政策は重要との立場を崩していない。
財務省は今月13日に公表した外国為替報告書で、中国の「為替操作国」認定を解除した一方、スイスなどを為替慣行の監視対象に指定。同報告書の公表を受け、スイスフラン相場は上昇し、現在は対ユーロで2017年半ば以来の高水準にある。
メクラー理事はローザンヌで開かれた銀行関連の会合で、「われわれは常に米国と良好な対話を行ってきた」とし、米国の為替報告書でスイス中銀の政策が影響を受けることはないと表明。「米国はスイスが抱える独特の事情を理解している」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。