豪森林火災で消火活動中のカナダの輸送機が墜落 乗員3人が死亡

記事まとめ

  • オーストラリアで森林火災消火中のカナダの輸送機が墜落した。
  • 乗員3人全員が死亡、いずれも米国人という。
  • 墜落機は空中からの消火活動を専門とするカナダの会社からリースされたものだった。

豪森林火災で消火活動中のカナダ輸送機が墜落、米国人3人死亡

豪森林火災で消火活動中のカナダ輸送機が墜落、米国人3人死亡
[メルボルン/シドニー 23日 ロイター] - 大規模な森林火災に見舞われているオーストラリアで23日、消火活動に従事していたカナダの「C━130ハーキュリーズ」輸送機が墜落し、乗っていた3人全員が死亡した。当局が明らかにした。3人はいずれも米国人という。
ニューサウスウェールズ州消防当局の責任者は「(輸送機は)地面に激しく激突し、その衝撃で大きな火の玉があがったとの報告があった。現段階で事故の原因を示すものはまだ見つかっていない」と述べた。また、墜落機は空中からの消火活動を専門とするカナダのコールソン・アビエーション社からリースされたものだと説明した。
豪民間航空安全当局の報道官によると、墜落機は難燃剤を散布するため谷間に入ったまま出てこなかったという。
豪交通安全局は、現地に調査団を派遣し、証拠収集やデータ解析などを行うと表明。初期のリポートは約30日以内に公表するが、安全性に関わる重大な問題が見つかった場合、直ちに関係者に通知するとした。
コールソンは墜落機について、空からの消火活動に当たっており、難燃剤を積んでいたと説明。現場の支援に当たるためチームを派遣する方針を示した。
今回の墜落事故により、大規模森林火災による昨年9月以降の死者は32人となった。
「C━130ハーキュリーズ」は米ロッキード・マーチン<LMT.N>製。軍の部隊・貨物の輸送用に設計されたが、消火剤や水を散布できるようにした改造されたものが世界中で森林火災の消火活動に使われている。
*内容を追加しました。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。