米国との貿易協定を望むが、デジタル税は導入=英政府

米国との貿易協定を望むが、デジタル税は導入=英政府
[ロンドン 23日 ロイター] - 英国のレッドサム・ビジネス・エネルギー・産業戦略相は23日、英国は米国と貿易協定を締結したいが、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどにデジタルサービス税を課税する方針だと述べた。
同相はトーク・ラジオに「米国と英国は貿易協定を締結することに互いにコミットしている。私たちは数世紀にわたって非常に強力な関係を築いており、特定の問題で一部の意見が対立しても、米英の素晴らしい、強力な、深い関係にダメージは及ばない」と発言。
「タフな交渉やタフな協議は常に存在するが、ハイテク税に関する限り、信じがたい所得と利益を計上しているこうした巨大な多国籍企業に課税することは絶対に重要だと思う。こうした企業が応分の負担に応じるよう、世界各国と国際的に協力して適切な体制を築きたい」と述べた。
英国は、世界の売上高が年間5億ポンド(6億5700万ドル)以上のハイテク企業に対し、2020年4月以降、英国の利用者から得た所得に2%課税する計画。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。