米失業保険申請件数増加、予想は下回る

[ワシントン 23日 ロイター] - 米労働省が23日公表した18日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比6000件増の21万1000件となった。市場予想21万5000件は下回った。雇用者数の伸びは減速しているが、労働市場は引き続き引き締まっていることを示した。
前週の申請件数は1000件増の20万5000件に改定された。
前週までは5週連続で減少し、例年より遅い感謝祭により2019年12月初めの申請件数が急増したのを打ち消した。
労働省によると、アラバマ州とカリフォルニア州、デラウエア州、ハワイ州、カンザス州、バージニア州、米領プエルトリコが推計値だった。月曜がキング牧師の日で祝日だったため集計の時間が足りなかった。
労働市場の動向をより正確に反映するとされる4週間移動平均は前週比3250件減の21万3250件で、昨年9月以来の低水準だった。
今回の申請件数は1月の雇用統計と調査期間が重なる。4週間移動平均は12月から1月にかけて1万2500件減少しており、1月は雇用者数が上向く可能性がある。
失業保険受給者総数は11日までの週に3万7000件減の173万1000件となった。2週間前は18年4月以来の高水準である180万4000件まで上昇していた。年末で不安定だったとみられる。4週間移動平均は2000件増の175万7750件だった。
ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、マリア・コスマ氏は「労働市場で通常見られる範囲を超える解雇は行われていない。 労働者の間で雇用に対する信頼感は極めて高くなっているため、レイオフされても失業保険を申請していない」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。