アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSとの比較

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSとの比較
[23日 ロイター] - 中国武漢市で発生して感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、航空会社や搭乗客は警戒感を募らせている。足元までの航空業界による対応状況や、2003年に800人近くが死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比較して業界が受ける可能性がある金銭的な被害をまとめた。
<予想される航空業界への金銭的被害>
最大の懸念は、新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に流行した場合に予想される旅行需要の急激な落ち込みだ。SARSが最も深刻化した03年4月には、国際航空運送協会(IATA)によるとアジアで航空機利用需要が45%減少した。キャセイパシフィック航空が40%近くの便を欠航して赤字を計上したほか、シンガポール航空<SIAL.SI>、日本航空(JAL)<9201.T>、全日本空輸(ANA)<9202.T>なども同様の事態に陥った。
そして航空業界は足元で、中国旅行客への依存が高まっている。
例えばオーストラリアでは、国際便での中国人搭乗客の比率は03年時点の4%から15%強に上がったことが、ムーディーズのデータで分かる。これらの搭乗客のほとんどは中国本土の航空会社を利用してオーストラリアに到着した後、オーストラリアの航空会社機に乗り換えて各地に向かうので、中国の旅行需要が減少すればカンタス航空などにたちまち影響する。
03年以降で年間の旅客便利用者数は2倍以上に増加しているが、なかでも中国から海外への渡航増大で、中国が海外旅行で世界最大の市場になっている。中国当局のデータに基づくと、03年に中国から国際便を使って旅行した人は680万人だったが、18年は6370万人と10倍近い。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。