中国国家主席、新型肺炎封じ込めに自信 WHO事務局長と会談

[北京 28日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は28日、訪中した世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談し、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について国際協力の強化を表明すると同時に、WHOと国際社会の冷静で客観的な判断を信じていると語り、新型肺炎の封じ込めに自信を示した。
WHO報道官によると、テドロス事務局長は習主席と感染が拡大している地域の住民と居住外国人の健康を守る方法について協議。武漢から自国民を退避させる国が相次ぐ中、退避に「代替する」対策についても話し合った。
中国国営テレビによると、習主席は「このウイルスは悪魔であり、われわれは悪魔が隠れるのを許さない」とし、「中国は国際協力を強化すると同時に、ウイルス(の感染拡大)防止に向けたWHOの関与を歓迎する。WHO、および国際社会はこのウイルスについて冷静、客観的、かつ理性的に判断すると信じており、中国はこのウイルスに対する戦いで勝利すると確信している」と述べた。
WHOは23日の緊急会合で、新型肺炎について「国際的な公衆衛生上の緊急事態と判断するには時期尚早」との判断を下し、緊急事態宣言を見送っている。
新華社によると、テドロス事務局長は王毅国務委員兼外相との会談で、中国には新型コロナウイルスの感染を管理・抑制できる力があると確信していると述べた。一方、現在中国にいる外国人の退避は推奨しないとし、冷静な対応を呼びかけた。また、中国との連携強化の方針も打ち出した。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。