上場制度、新型コロナの影響にらみ適用柔軟化=東証

上場制度、新型コロナの影響にらみ適用柔軟化=東証
[東京 18日 ロイター] - 東京証券取引所は18日、新型コロナウイルスの感染拡大が企業活動に与える影響を踏まえ、上場制度の適用を柔軟化すると発表した。上場廃止基準について、上場会社が新型コロナの影響で債務超過になる場合を想定し、改善期間を従来の1年から2年に延長する方針。事業活動の停止や監査報告書等への意見不表明があった場合も新型コロナの影響によるものは対象外とする。
上場候補会社については、新型コロナの影響が事業計画や開示書類に適切に反映されているかなどを審査する。このほか、実地棚卸の立ち合いや事業所の往査が困難な場合における申請直前期の限定付適正意見を容認する方針。新型コロナの影響で上場承認に至らなかった場合の再審査料は免除する。
上場会社には、新型コロナの感染拡大が事業活動や経営成績に与える影響に関し、適時・適切な開示を引き続き要請している。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。