世界原油需要、新型コロナで今年は20%減も=IEA事務局長

世界原油需要、新型コロナで今年は20%減も=IEA事務局長
[ロンドン 26日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は26日、新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウン(都市の封鎖)で世界的に約30億人が影響を受けているため、世界的な原油需要は20%減少する可能性があるとの見方を示した。
ビロル事務局長はアトランティック・カウンシルの電話会議で「現在、新型ウイルス感染拡大抑制のためのロックダウンで世界的に30億人が影響を受けている。この結果、今年は原油需要が減少し、一部では日量2000万バレル減少するとの予測も出ている」と述べた。
2019年の世界の原油需要は日量1億バレルだった。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。