韓国、新型コロナ治療薬「レムデシビル」購入に向け協議開始へ

韓国、新型コロナ治療薬「レムデシビル」購入に向け協議開始へ
[ソウル 1日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局(KCDC)は、米製薬ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>が寄付した新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」の提供を開始したと発表した。8月に供給を拡大するため、同薬の購入に向けた協議を始める計画という。
KCDCは声明で「レムデシビル投与の対象は、肺炎を伴う重症で、酸素療法が必要な患者に限定される」と説明した。
ギリアドが何回分のレムデシビルを寄付したかには、言及しなかった。
ギリアドは6月29日、レムデシビルの米国や他の先進国向けの価格を1バイアル当たり390ドルに設定したと発表した。患者1人当たりの1コース分の治療(5日間/6バイアル)では2340ドルとなる。
韓国では30日時点で、新型コロナ感染者は累計1万2850人、死者は282人となっている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。