米景気回復は停滞している可能性─アトランタ地区連銀総裁=FT

米景気回復は停滞している可能性─アトランタ地区連銀総裁=FT
[7日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は、米国の多くの州で新型コロナウイルスの感染者が急増しているため、米経済の回復が失速する恐れがあるとの見方を示した。7日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。
総裁は同紙のインタビューで、高頻度で発表される経済指標は、企業の営業状況や移動の両面で、経済活動が「横ばい状態」になっていることを示していると指摘。
「われわれが目にしている幾つかの事象は憂慮すべきもので、景気回復の軌道が起伏の多いものになる可能性を示唆している」とした。「それ故、われわれは状況を注意深く見守っており、実際に何が起きているかを見極めようとしている」と述べた。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。