ニュージーランド、帰国者数を一時制限へ 隔離施設不足で

ニュージーランド、帰国者数を一時制限へ 隔離施設不足で
[ウェリントン 7日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)政府は7日、海外から帰国する市民らの隔離に使用している施設の空きがなくなりつつあるとして、帰国者の数を一時的に制限すると発表した。
ニュージーランドは新型コロナウイルスの感染を封じ込めた数少ない国の1つで、世界各国で感染拡大が続く中、帰国者が増加している。
ウッズ住宅相は、帰国者を安全な隔離施設で受け入れられるよう、ニュージーランド航空<AIR.NZ>の運航便予約を調整すると表明。他の航空会社とも帰国者数の管理について協議しているとした。
ニュージーランド航空は、新規予約の受付を今後3週間停止し、隔離施設の空きに応じて日々の到着者数を調整すると発表した。
ニュージーランドは外国人の入国を依然禁止しており、海外から帰国する市民や永住者は14日間の隔離が義務付けられている。
現在は28カ所の施設で約6000人を隔離しているが、政府は今後数週間で受け入れ施設を拡充する方針だ。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。