パリのツアーガイドがルーブル前で抗議デモ、政府支援要求

パリのツアーガイドがルーブル前で抗議デモ、政府支援要求
[パリ 6日 ロイター] - パリのルーブル美術館前で6日、マスク姿の市内のツアーガイド数十人がモナリザのポスターを掲げ、新型コロナウイルス感染に伴う危機と観光客喪失を乗り切るための政府支援を求めてデモを行なった。
政府は5月、新型コロナ流行で打撃を受けた観光業界支援のため、180億ユーロ(約2兆1860億円)相当の支援策を表明した。
しかし抗議参加者の1人は、デモに先立ちロイターに、支援は自身を含めたツアーガイドには届いていないと説明。ツアーガイドは大半が短期雇用で差し迫った経済難に直面しているとし、「政府は耳をふさいでいる。われわれは声を上げられない」と訴えた。
パリを訪れる観光客の数がコロナ禍前の水準に戻るには、数カ月かかる可能性があるとみられている。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。