ドイツ銀とグーグル、複数年の戦略的パートナーシップ契約で合意

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ銀行<DBKGn.DE>は7日、米グーグル<GOOGL.O>との複数年の戦略的パートナーシップ契約を発表した。クラウドサービスへのアクセスと、顧客に提供するハイテク関連商品の刷新が目的。
ドイツ銀行は今年に入り、自社ネットワークの改善策についてグーグル、マイクロソフト<MSFT.O>、アマゾン<AMZN.O>に打診していた。
今回の契約は、同行が2022年にかけて計画している総額130億ユーロ(147億ドル)の技術投資の一部。
両社は趣意書に署名済みで、数カ月以内に複数年の契約を締結する予定。
ある関係者によると、ドイツ銀行は今回の契約で今後10年で10億ユーロ(11億3000ドル)超の利息・税金控除前利益(EBIT)の増加を見込んでいる。

あわせて読みたい

ロイターの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。